シークレットシューズの選び方

シークレットシューズを選ぶ際のポイント

シークレットシューズの賢明な選択方法

選び方に注意すれば有効活用できます

身に付けるだけで背が高まるという、言ってみれば上げ底が可能な靴がシークレットシューズになります。
ブーツタイプ、あるいはスニーカータイプにとどまらず、ビジネスシューズという形で履けるものも数多く売りに出されています。
ですので、身長に対してコンプレックスを有する男性の方は、積極的に利用しましょう。
しかしながら、バレたら気恥ずかしいなどと、気掛かりになり迷っている人も多いでしょう。
男性の方がシークレットシューズを身に付けているのは恥ずかしいと先入観を持たれがちですが、選択方法に注意すればそうではありません。

身体と靴のバランス状態に配慮して選択しましょう

選択するにあたり、気掛かりなポイントは、勘付かれないかどうかです。
シーズンが寒い季節なら、コート、あるいはパンツなど、全体を通して重い感じになるので、ブーツタイプでも違和感なく履けます。
しかしながら、春のシーズンから暑い季節になるにつれ、少し難しくなります。
夏期間は必然的に薄着になります。
そのままに冬のシーズン用に買い求めたシークレットシューズを履くと、身体と足元のバランス状態が狂い、不自然な感じになります。
夏のシーズンには、デッキシューズの様な軽いシークレットシューズを選択することが重要です。
シークレットシューズを選択するときには、足元に対して意識が奪われがちですが、体全体をチェックすることが重要になります。

つま先において隙間がない寸法を選択することが大事

シークレットシューズは、原則としてインソールが滑り台の様になっています。
つま先からかかとに向け高くなります。
寸法の大きいシークレットシューズを手に入れてしまうと、つま先において隙間ができます。
そうなってしまうと、歩く際に靴の中でつま先に向けて足が滑って、摩擦でひどくなります。
下り坂を歩くきなどは、苦しく耐えなければなりません。
摩擦によって足裏はあつくなりますし、豆ができ、歩けないなど、悪影響を及ぼすこともあります。
したがって、つま先において隙間ができないシークレットシューズを選択することが重要になります。
身長を高くしたいという理由から作成されているシークレットシューズだというのに、高さを求めすぎないことは、非常に大事になってきます。
シークレットシューズを選択するなら手慣れるまでは、最高でも7cmほどまでを判断基準にセレクトするようにしましょう。
10cm、或いは12cmなどの高さであると、いい感じに歩くことができません。
場合によっては、石ころで足首を捻ってしまうこともあります。

人気記事ランキング